子供好きなら保育園看護師

保育園の運営では、保健士や保育士、栄養管理士などの有資格者の配置が法的に義務付けられており、規定された人員数が必要とされます。看護師の場合は、保育園の運営に関して設置義務はありませんが、保育園での看護師の普及率は上昇してきており、健康管理のためにも保育園では不可欠な存在となりつつあります。

保育園で看護師の仕事内容は、園内での感染症の予防や園内での小児の怪我の応急処置、保護者への健康指導などが主な内容になり、保健士の資格も持つ看護師はその専門資格を活かし健康教育についても携わる事が求められます。通常は定期的に開催される保護者会などを通じて、積極的に児童の保健教育で指導を行う事が基本です。保育園という雇用先の場合は乳幼児や幼児への対応が必要となるため、幼稚園の四歳児からの対応とは異なり、乳幼児に特化した対応技術が必要です。ここでは健康管理だけが目的ではなく、乳幼児の心身の成長を保育園という集団生活の中で促す事も目的の一つとされるので、看護師は教育者の立場も担う事が大半です。そのため、看護師でも健康指導を担う保健士の資格や児童教育の専門資格である保育士などの複数の資格を保有していることで、保育園で働きやすくなるケースが多く見られます。そのため、子供好きな看護師の転職先として保育園は理想的な雇用環境で、既に子育てで育児に携わった経験があり幼児教育に関心の高い方には最適な職場の一つとされます。