スキルが求められる小児科

子供好きな看護師にとっては、小児科は理想的な勤務先です。小児科は診療科が細分化されていないという特徴がある為、多様な症状に対応しなければなりません。また、患者様の年齢層も幅広く、乳幼児から身体的な成長が著しい中学生など、幅広い年齢の患者様に接する機会があります。そのため、小児科で働く看護師は子供好きという点も重要ですが、子供の健康に関する幅広い知識と優れた対応力が求められるのです。小児科で頻繁に見られる乳幼児の疾患には慢性的なものも多く、場合によっては先天性の疾患で治療が困難になるケースもある為に、将来的に継続する治療の為にもご家族の方へ症状や治療法などを説明しなければなりません。

また、小さなお子様の場合は大人とは異なり、それぞれの症状を口頭で上手く表現することができません。そのため、看護師には表情や身振りに加え、バイタルチェックなどを通じて健康状態を見極める事も必要とされます。とりわけ、小さなお子さんの場合は症状が進行してしまうことを食い止める為に、些細な症状の変化を見逃さず素早く対応する事が求められます。それゆえに、看護師の観察力は小児科で重視されるスキルの一つです。これらの理由から、子どもの育児に携わった経験があるお母さんであれば些細な病気の兆候も素早く察知する事が出来るために、小児科という勤務先では育児経験が豊かなベテラン看護師の方が求められる事も多くなります。復職先としても、スキルアップの場としても小児科は適しているのではないでしょうか。