保育士と幼稚園教諭

子供好きの女性が目指す仕事として、真っ先に挙がるのが保育士や幼稚園教諭です。保育園や幼稚園で働くというのは、小さい子供と触れ合いながら毎日を過ごすことができるという子供好きには魅力的な仕事であることに違いありません。しかし、これらの性質の違いについて理解していないで、漠然と保育士や幼稚園教諭を目指すという人もいます。

保育士は厚生労働省の管轄であり保護者に代わって子供の保育をする福祉従事者ですが、幼稚園教諭は文部科学省の管轄であり幼児の心身の発達を促すための教育者です。資格の取得のしやすさでも、活躍の場の多さでも保育士の方に分があるというのが事実ですが、幼稚園で教育を担いたいと思ったら幼稚園教諭の資格が必要になります。

一方、これらの資格はどちらか一つを持って仕事に従事していることによって、他方の資格を取得しやすくなるという決まりがあるということも知っておくと便利です。保育士として実務経験を積むと幼稚園教員資格認定試験の受験資格が得られるので、それを経て幼稚園教諭の免許を取得することができます。また、幼稚園教諭免許を持っていると、保育士試験の際には筆記試験の一部と実技試験が免除されるというメリットがあります。こういった保育士と幼稚園教諭の関係について知っておくことで、もし保育園で働くよりも幼稚園で働きたいと思った場合に、その道がそれほど遠いものではないということがわかり、すぐに足を踏み出すことができるでしょう。